プラスチックごみのリサイクル


 
Photo006

 
プラスチックのリサイクルは材料(マテリアル)リサイクル、ケミカルリサイクルに分けることができます。簡単にいえば、プラスチックの状態に戻し、新しい製品の原料にするのが材料リサイクル、プラスチックになる前の原料にまで戻すのがケミカルリサイクルです。
 
材料リサイクルの場合、使用されたプラスチック製品に含まれていた添加物や、容器として使用されたときにプラスチックに染み込んだ内容物などの不純物を完全に取り除くことは困難です。そのため、再生されたプラスチックは石油から新しく製造したプラスチックと全く同じ品質にはなりません。リサイクルを繰り返すとどんどん劣化することになるので、循環利用という点では限界があります。また、有害物質の混入などの危険性があるため、食品容器などの用途での利用は規制されており、これをクリアするには何らかの対策を行う必要があります。
 
ケミカルリサイクルの場合、炭化水素油などプラスチックになる前の化学原料の段階まで分解するため、再資源化されたプラスチックは、石油製品のナフサから新しく作る場合と変わらないということになり、繰り返し再資源化しても劣化は原理的に発生しません。また万一、回収した廃プラスチックに有害な物質が付着していたとしても、処理の工程で除去しやすいという利点もあります。食品容器に再生資源を用いることは、他の用途とは違う心理面の抵抗が問題になりますが、ケミカルリサイクルならハードルが低くなり、それでも気になるという人はより少なくなるでしょう。
 
こう考えるとケミカルリサイクルは理想的な方法に見えますが、いったんそこまで分解してまたプラスチックの状態に戻すには石油から製造するよりもたくさんのエネルギーを消費することになります。エネルギーを消費するというのは、その分石油を消費し、二酸化炭素を排出するのと実質的に同じなので、それなら石油から新しく作った方が安いし温暖化への影響も変わらないのではないか、との指摘もあります。また、石油から製造する場合と比べてコストがかかってしまうため、誰がどのような形でその費用を負担するのかという問題が生じることになります。
 
 
 
リサイクルマークのご紹介
 
バナー006

アイコン001
  飲料、酒類、特定調味料等のPETボトルに表示が義務づけられています。

 
バナー007

アイコン002
プラスチック製の容器包装について表示が義務づけられています。
 
バナー007

アイコン003
段ボール、アルミニウムを使用していない飲料用紙パックを除く紙製の容器包装について表示が義務づけられています。