はじめに

ここ数年、海洋プラスチック汚染の問題の顕在化によって、プラスチックごみ問題が世界中で注目を集めるようになりました。これは世界規模で起こっている深刻な環境問題であり、とくに海洋プラスチック汚染は「21世紀最悪の環境問題の一つ」とも言われています。私たちの健康や産業・経済に関わる問題でもあります。
今日、世界全体の海洋ごみのうち最大の割合を占めているのがプラスチックです。その正確な数値はわからないものの、海域によっては「外洋に蓄積しているごみの99.9%がプラスチックである」との報告もあるほどです。合成物質であるプラスチックが海洋環境に蓄積し続けるにつれて、環境や社会・経済への悪影響も増大しつつあります。
また、「魚料理を食べようと思ったら、中から小さなプラの破片が出てきた」「ペットボトルの水や塩からも微小なプラが発見された」など、私たちの身体にもその汚染が入り込んでいる可能性が報告されています。しかし、海洋環境にせよ、人体にせよ、汚染の影響がどのぐらいのものなのか、私たちにはまだその全体像がわかっていません。
他方、世界ではプラスチック問題に対する取り組みが急速に進んでいます。各国政府や自治体の取り組みのほか、SDGs(国連の「持続可能な開発目標」)の一つとして、また、次の競争優位性の戦場として、企業の取り組みも盛んになってきています。
プラスチック問題は「環境問題」であると同時に「資源問題」でもあります。欧州では「サーキュラー・エコノミー」(循環経済)に転換していくうえでの「産業政策」としても取り組まれています。
 
当社が扱うC works Pro(プラスチックごみ炭化装置)は、プラスチックごみを燃焼させることなく、炭素に変換することができるため、温室効果ガス、すなわち二酸化炭素は一切発生いたしません。またC works Proにより炭化された炭素は、タイヤの原料やリチウム電池の電極などに再利用することができるため、今まで廃棄処分されていたプラスチックごみが、新たな付加価値を生み出す材料として生まれ変わることができるのです。
当社はC works Pro(プラスチックごみ炭化装置)の普及活動を通じて、環境保全と高度リサイクル社会の推進に全力で取り組んでまいります。

会社概要


法人名

株式会社 Alles Klar

事務所

〒511-0862

三重県桑名市播磨字鳥打768-5 

TEL

0594-88-5500

FAX

0594-88-5580

E-mail

ak-inf@allesklar48.com

設立

令和2年1月22日

事業内容

有機物の処理技術の販売・コンサルタント

化学分解炭化装置の製造・販売・コンサルタント